子どもの虫歯予防のためにフッ素を活用しよう!

子どもの虫歯予防のために、多くの歯科医院ではフッ素塗布が行われています。しかし、そもそもフッ素とは何か、なぜ虫歯の予防に役立つのかがわからないという方も少なからずいらっしゃいます。

そこで、フッ素の特徴やフッ素による虫歯予防のメリットについて説明していきます。

フッ素とは?

フッ素とは?

フッ素は地球上のどこにでもあるありふれた物質の一つです。フッ素には他の物質に反応しやすいという性質があり、他の物質とフッ素が結びついた「フッ化物」は自然界に多く存在しています。

私たちが普段食べている魚や農作物にも含まれていて、普段の生活でも馴染みがある物質なのです。フッ素は単体だと人体にとって非常に強い毒性がありますが、先程も述べた通りフッ素は他の物質に反応しやすいため、単体で存在することはほとんどありません。

フッ素塗布のメリット

再石灰化のサポート

通常、食事をすると、歯に含まれるカルシウムやリンが溶け出しますが、唾液によって歯の修復が行われます。この歯の修復のことを、歯の再石灰化と言い、歯の再石灰化をサポートするのがフッ素です。

強い歯にする

フッ素が歯に塗布されると、エナメル質の成分と結びつき、フルオロアパタイトという非常に硬い構造になります。フルオロアパタイトになることで歯の質は強化され、食事によってミネラル・カルシウムが溶けにくい歯になるのです。

虫歯菌の活動を抑える

虫歯菌が酸を出すことにより虫歯となりますが、フッ素には虫歯菌が出す酸の量を抑える働きがあります。そのため、歯が溶かされにくくなり、虫歯を予防することができます。

歯磨き方法はスクラビング法がおすすめ!

歯磨き方法はスクラビング法がおすすめ!

フッ素配合の歯磨き粉で磨く際は、スクラビング法をおすすめします。

スクラビング法は、歯茎を傷めずに磨き残しを減らすため、歯面に対して90度に歯ブラシをあてます。そうすることで、歯ブラシの毛束が直角に当たるため、まんべんなく歯を磨くことができます。

スクラビング法で歯を磨く際は、健康な人の歯磨きなら普通の硬さの歯ブラシ、女性ならヘッドサイズの小さい歯ブラシがおすすめです。

子どもの歯を虫歯から守り、将来のお口のトラブルを予防するためにも、歯医者に通いませんか?子どもの場合、日常的なお手入れにプラスして、歯医者でのサポートが欠かせません。

下総中山駅周辺で歯医者をお探しでしたら、「また歯医者に行きたい!」と思っていただけるような歯医者を目指す上田歯科医院へお越しください。ご相談いただければ、歯磨きの仕方やアドバイスも行います。上田歯科医院は下総中山駅から徒歩5分の場所にあり、平日は午後7時、土曜日は午後6時まで診療していますので、ご都合に合わせてご来院いただけます。

小児歯科の他にも、妊婦さんの歯力健診、インプラント治療など様々な歯科治療に対応しています。下総中山駅を利用する方はもちろん、周辺にお住まいの方もぜひお越しください。

下総中山駅周辺で歯医者をお探しなら上田歯科医院へ

院名 上田歯科医院
住所 〒272-0814 千葉県市川市高石神33−20
TEL 047-334-2185
診療時間 午前 9:00-12:00
午後 14:00-19:00
アクセス 総武線 下総中山駅 下車
京成線 中山駅 下車
徒歩5分
URL http://www.ichikawa-uedashika.com/

page top