インプラント

失った歯をより自然な状態で再現し、美しい笑顔を

失った歯をより自然な状態で再現し、美しい笑顔を

インプラント治療とは、骨の中にチタン製の小さなネジのような形状のインプラント体を埋め込み、その上に人工歯を固定する治療法です。 入れ歯やブリッジでは、歯茎より上の歯冠の部分は再現できても、歯根を再現することはできません。インプラント治療では、歯根まで再現し、見た目と機能の両面において、元の自然に近い状態を再現します。

動画で見るインプラント治療

インプラント治療のメリット・デメリット

デメリット

インプラント治療の欠点として、インプラントを埋入するための手術を受ける必要があるため、全身状態が良くない場合には適用が難しいこと、治療期間が長いこと、治療費が高額であることが挙げられます。 現在のインプラントは骨に結合するのですが、粘膜との結合が強くないため、天然の歯に比較すると感染に弱いことも欠点です。さらに、インプラント埋入予定部位に骨が十分に存在しない場合、治療が困難であることも欠点です。 またインプラント治療において問題が起きた場合には、その問題の解決が難しいことも欠点です。

メリット

インプラント治療の利点は、義歯をしっかりと固定できることです。インプラント治療においては、残っている歯を削ったり、残っている歯に義歯を安定させる ための装置を付けたりすることはしません。残っている歯に負担をかけずに治療をおこなうことができることも、インプラント治療の利点です。

当院のインプラント治療が安心な理由

手術前の分かり易い説明

手術前の分かり易い説明

当院の3Fにあるカウンセリングルームで、手術前にどのような手術を行うかを、分かりやすくご説明させていただきます。

最新の設備を揃えた手術室を完備

最新の設備を揃えた手術室を完備

当院の3Fに手術室を完備しております。できる限り患者様がリラックスした状態で手術に向えるよう心がけた設備を揃えています。

インプラント治療の流れ

STEP 1

STEP 1

歯茎を切開して顎の骨を2段階に分けて削ります。

STEP 2

STEP 2

一段目で空けた穴を、インプラントが入る穴のサイズまで削ります

STEP 3

STEP 3

←インプラントを埋め込みます。骨を削るというと怖いイメージですが、麻酔を使用しますのでほとんど痛みを感じることはありません。

STEP 4

STEP 4

一次手術の後、通常は約3から6ヶ月の治癒期間をおきます。インプラントに使用されているチタンは、骨とインプラントが結合する性質を持っています。この期間では、仮の歯を使用できることもあります。

STEP 5

STEP 5

骨とインプラントが結合して安定した後にインプラント体の頭の部分を露出し、そこに人工の歯との連結部分(アバットメント)を装着する処置を二次手術といいます。この状態で歯ぐきが治るまで、通常約1週間から6週間おきます。

STEP 6

STEP 6

歯茎が治った時点で型を取り、上部構造(人工の歯)を作ります。色や形は人それぞれ違いますので、各々に合わせて製作してインプラントに取り付けます。この上部構造は、様々な素材のものがありますので、先生とよく相談して決めましょう。

インプラント治療の費用

インプラント診察料 術前・術後の投薬、バンドなど込み) ¥37,500
インプラント手術代の参考
インプラント体 ¥162,000
メタルボンドクラウン ¥118,800
アバット ¥54,000
合計金額 ¥334,800~

上記のご料金は、あくまで一例です。当院では、診察後に患者様にあったインプラントをご提案しております。

page top