矯正歯科

失った歯をより自然な状態で再現し、美しい笑顔を

きれいな歯ならびを実現する歯科治療

悪い歯ならびや噛み合わせを、きちんと噛み合うようにして、きれいな歯ならびにする歯科治療です。 しかし、きれ いな歯ならびにするために、歯を削って「差し歯」にすることは、基本的にはありません。 矯正装置を通じて、歯やアゴの骨に力をかけてゆっくりと動かして、歯ならびと噛み合わせを治していきます。

歯がふぞろいだったり、上下の アゴの歯ならびがお互いにちゃんと噛み合わない状態を、専門的には「不正咬合」といいます。


この不正咬合をそのままにしておくと、

  • 食べ物がよく噛めない
  • ことばが明瞭でなくなる
  • むし歯になりやすい
  • 歯槽膿漏になりやすい
  • 口臭の原因になる
  • アゴの関節に負担をかける
  • 歯を折ったり、ケガしやすい
  • などの問題がでてきます。

    動画で見る矯正歯科治療

    矯正歯科治療のメリット・デメリット

    デメリット

    ①見た目の問題
    ②咬むという機能不全→顎の動きとの不調和から顎関節への影響が出ることがあります。
    ③成長期の不正咬合は後の発育にマイナスの影響を及ぼすことがあります。
    ④凸凹の歯並びの場合、歯ブラシが届きにくく虫歯、歯肉炎、歯周病リスクが高くなります。
    ⑤消化器官として→物を噛み砕く機能→咀嚼機能の低下→食べ物を噛み砕きにくい→ 胃、腸への負担が増大することがあります。

    メリット

    ①歯は消化器官の一つです。
    上下の咬み合わせがズレていたり、顎の動きに不調和をきたす状態を正すことで、よく咬める、顎の正常な発育、構音をプラスの方向に誘導します。
    ②整った歯並びは見た目だけでなく、歯ブラシも届きやすくします。歯ブラシのしにくさ、磨きにくさから虫歯、歯周炎、歯周病の羅患リスクが高くなります。日本人成人の8割近くの方が歯肉炎歯周病に罹患していると言われています。
    ③患者さんが一番多く気にされる、見た感じが良くなることです。
    ④歯並びが良くなることで劣等感がなくなり、心理的に良い影響を与えることがあります。
    ⑤歯並び由来の口呼吸を正すことで、口呼吸の弊害を正し、健康な呼吸環境を整えます。
    ⑥笑顔が素敵になります。自信をもって笑えることで、表情筋の活性がよくなりアンチエイジング効果も期待できます。

    矯正期間について

    治療前の分かり易い説明

    手術前の分かり易い説明

    治療期間について→短い期間で治療できるに越したことはないですが、 歯を動かすには上記歯根吸収のリスクなどから適正な矯正力を越えて動かすことはできません。 また、歯の移動距離が大きい程、舌癖などの習癖などがのこっていたり、 患者さんの協力度によっても増減します。 術前のカウンセリングにて詳しくご説明いたします。

    page top