妊娠中のお口のトラブルについて|下総中山の歯医者「上田歯科医院」

047-334-2185

【診療時間】9:00~12:00 / 14:00~19:00
※土曜は18:00までの診療。木曜、日祝休診。

妊娠中のお口のトラブルについて

「妊娠したら虫歯になりやすい」という話を耳にしたことはありませんか?妊娠中は体調が変化して、虫歯や歯周病など様々なお口のトラブルが起こりやすい時期です。お口のトラブルがひどくなると、様々なリスクが高まりますので、きちんとケアすることが大切です。そこで、妊娠中に発生するお口のトラブルの原因やその予防法、また当院が妊婦さんの治療で心掛けている仰臥位低血圧症候群の対処法をご紹介していきます。

妊娠中の主なお口のトラブルとは?

虫歯

妊娠中でも妊娠していないときでも厄介なのが虫歯です。治療を行いたいところですが、赤ちゃんと母体への影響があるため、時期や治療法に制限があります。妊娠後期にお腹が大きくなると、仰向けでの治療が辛くなりますので、虫歯ができた場合にはつわりが落ち着く妊娠中期に歯科医院へ行くことをおすすめします。

妊娠性歯肉炎

妊娠による女性ホルモンの増加と、つわりによる口内環境の悪化で、歯肉炎になることがあります。妊娠初期から見られますが、しっかりと歯を磨けば予防することができます。

歯周病

妊娠中のお口のトラブルで、特に注意すべきなのが歯周病です。歯周病は胎盤を通して赤ちゃんに感染する可能性があり、歯周病によって早産のリスクが高まるとも言われています。歯周病が疑われる場合には、すぐに歯科医院へ行きましょう。

お口のトラブルを招く原因

つわりで気持ち悪くなると、歯ブラシを口に入れることがどうしても辛くなり、歯磨きの質が落ちてしまうことがあります。つわりがひどければ、歯磨き粉の味やニオイを受け付けなくなり、歯ブラシを口に入れることもできなくなってしまうのです。
また、妊娠中期に入ると、赤ちゃんが育ってくるにつれ子宮が胃を圧迫します。そのため、一度の食事の量が減って、少量を数回に分けて食べるようになります。食べ物が入る機会が増え、唾液での中和時間が足りなくなると、虫歯や歯周病になりやすくなるのです。

特に注意すべきなのが歯周病

妊婦のお口のトラブルは、虫歯や歯周病など多く存在しますが、中でも特に注意すべきなのが歯周病です。歯周病は気づかない間に進行していることが多く、放置すると赤ちゃんにも影響してしまいます。

仰臥位低血圧症候群と当院での対処法

仰臥位低血圧症候群(ぎょうがいていけつあつしょうこうぐん)とは、妊娠末期に子宮内の胎児により下大静脈が圧迫され、右心房への静脈還流量が減少、そして心拍出量が減少して一過性の低血圧になる症状の事です。診療チェアーを倒して治療すると低血圧になり、失神、ショック症状の危険があります。
当院では、妊婦さんの場合、45度ぐらい倒して仰臥位低血圧症候群にならないよう心掛けています。

市川市の上田歯科医院では、妊婦の方も歯科検診でご来院いただくことをおすすめしています。歯科検診を受けてしっかり予防すれば、歯と心身の健康を維持することができ、赤ちゃんの健やかな成長を見守ることにもつながります。

ページトップへ戻る
WEB予約
お問い合わせ