【市川市の歯医者】妊婦さんに口腔内のトラブル(口内炎など)が多い理由|下総中山の歯医者「上田歯科医院」

【市川市の歯医者】妊婦さんに口腔内のトラブル(口内炎など)が多い理由|下総中山の歯医者「上田歯科医院」

047-334-2185

【診療時間】9:00~12:00 / 14:00~19:00
※土曜は18:00までの診療。木曜、日祝休診。

【市川市の歯医者】妊婦さんに口腔内のトラブル(口内炎など)が多い理由

「妊婦になって、口内炎ができやすくなった」という方も多いのではないでしょうか?妊婦さんに口腔内のトラブルが多いのには、理由があります。こちらでは、市川市にある上田歯科医院が、妊婦さんに口腔内のトラブル(口内炎など)が多い理由をお伝えします。

また、歯周病が赤ちゃんに与える影響、赤ちゃんの歯の形成についてもご説明しますので、どうぞご確認ください。

妊婦さんに知ってほしい歯周病が赤ちゃんに与える影響

お腹をさする妊婦さん

歯周病は、感染症の一種です。お母さんが歯周病にかかっていると、胎盤を通して赤ちゃんに影響を与えるといわれています。歯周病によって炎症物質(プロスタグランジン)が作られ、子宮の収縮を促します。その影響で、早産や低体重児出産のリスクが高まるのです。

赤ちゃんに悪影響を与えないためにも、妊娠中は定期的に歯医者を受診して、いつも以上に口腔ケアを重視するようにしてください。

妊婦さんに口腔内のトラブルが起こりやすい理由

妊婦さんに口腔内のトラブルが起こりやすい理由の一つは、女性ホルモンの変化です。妊娠すると女性ホルモンが増加し、歯肉が赤くなったり、腫れやすくなったりします。細菌も増えやすいため、口臭も強まることがあります。

もう一つの理由は、つわりです。つわりの影響で、十分に歯磨きできなかったり、少量の食事を複数回に分けて食べたりすることで、歯垢が増加し、虫歯や歯周病を起こしやすくなるのです。栄養バランスの悪さや鉄不足は、口内炎や口角炎の原因になります。

このように、妊婦さんは口腔内のトラブルが起きやすい環境にあります。毎日歯磨きすることが望ましいですが、つわりが酷い場合はうがいだけでも良いので、お口を清潔に保つように心がけてください。口内炎や口角炎を招かないために、栄養バランスを考えた食事をとることも大切です。

赤ちゃんの歯の形成

離乳食を食べる赤ちゃん

赤ちゃんの歯は、生後6ヶ月頃から生えてきますが、歯の形成は胎児の頃から始まっています。妊娠7週目頃から歯胚(乳歯の芽)が作られ出し、4ヶ月頃には硬くなっていきます(石灰化)。4~5ヶ月頃からは、永久歯の歯胚も作られ始めるのです。

赤ちゃんの歯の健康を保つには、歯が生えてからケアするのではなく、妊娠中から対策する必要があります。市川市で歯医者をお探しの妊婦さんは、市川市高石神にある上田歯科医院へご相談ください。

市川市で口内炎などにお悩みの妊婦さんは上田歯科医院へ

歯周病が赤ちゃんに与える影響、妊婦さんに口腔内のトラブルが多い理由、赤ちゃんの歯の形成についてご説明しました。市川市で歯医者に通いたい妊婦さんは、上田歯科医院へお越しください。赤ちゃんの健康を守るためには、お母さんの虫歯や歯周病、口内炎などの口腔内のトラブルを、早期発見・治療することが大切です。

市川市にある歯医者、上田歯科医院は、妊婦歯科健康診査に対応しています。市川市で歯医者をお探しの際は、上田歯科医院へお問い合わせください。

市川市で歯医者をお探しなら妊婦歯科健康診査に対応する上田歯科医院へ

医院名 医療法人社団千仁会 上田歯科医院
住所 〒272-0814 千葉県市川市高石神33−20 地図・アクセス
TEL 047-334-2185
URL https://www.ichikawa-uedashika.com/
診療時間 9:00~12:00 / 14:00~19:00 ※土曜は18:00までの診療。
休診日 日・祝
駅からの道のり
  • JR総武線「下総中山駅」より徒歩5分
  • 京成線「中山駅」より徒歩5分
ページトップへ戻る
WEB予約
お問い合わせ